定期的なシャンプー

犬の場合は、人間とは違って、シャンプーをするといっても度々行うことはできません。それは、多くおこなうことによって、シャンプー剤の刺激が強すぎてしまい、皮脂を取りすぎてしまうことになるからです。そのようになると、体を守っている皮脂が少なくなり、病気ガチになることもあります。そのため、1ヶ月に一回か2回、定期的にシャンプーをすることが一番です。

またそのシャンプーをする時に、人間が使っているシャンプー剤は禁止することが大事です。人が使っているものは、刺激が強すぎてしまうことがあります。そのことから、犬用のシャンプーを必ず使いましょう。

1ヶ月に一回といっても、部分的に汚れている場合は、その部分を洗ってあげることが大切です。部分的に洗う分には、それほどストレスを与えることは少ないです。

犬は、案外と綺麗好きです。自分が汚れていると思ったとき、少しストレスになることがあります。そのため、時間がないからといって、シャンプーをしないのはタブーです。綺麗にシャンプーをして上げる事によって、そのストレスから解放してあげることが出来ますね。

そして、素早く乾かしてあげることも大事です。特に体温の変動が激しいので、使うお湯の温度等も注意をしましょう。

犬の毛並みを良くするには

犬を見た時に、ある犬について見とれてしまうほど、綺麗な毛並みの犬がいます。その時、自分の飼っている犬と違うと思ってしまう事も。そんな時、犬の毛並みをよくしてあげたいと、飼い主だったら誰もが感じるところです。しかし、毛並みをよくするといっても、どんなことをすればよいのかわからないこともあります。

それはまず、シャンプーをしてあげるということです。犬だって、人間と同じようにシャンプーによって毛並みが変わってきます。人間も、シャンプーを自分の髪の毛と合っているものを使うことによって、とても髪の調子が良くなりますね。そのことを同じことが、犬の毛並みについても言えるのです。そのため、その犬にあったシャンプーで洗ってあげることが大事です。

またシャンプーをする時、その周期が大切となります。周期があいてしまったとき、毛並みが悪くなることもあるのです。そのため、定期的にシャンプーをしてあげるようにしましょう。

そしてもう一つ大事なこととして、体の中から栄養をしっかりと蓄えさせえてあげるということです。栄養不足となると、人間と同じように毛並みも悪くなります。人の場合は、栄養不足が髪の毛に直ぐに影響します。そのことは、そっくり犬も同じ事が起きるのです。犬は、自分の毛並みが悪くなっていることに気づいています。悪くなると、体調も悪くなることがあります。毛並みが良くないと、外からの悪い刺激も受けやすくなります。それを防いであげましょう。